夫婦関係を解消するなら|はじめての請求手続きは弁護士と一緒にやりましょう

はじめての請求手続きは弁護士と一緒にやりましょう

女の人

夫婦関係を解消するなら

ハート

別れるという決断

配偶者との価値観の相違や金銭問題など、様々な事情で離婚に至る夫婦も少なくないといえます。日本では、裁判による手続きをせずに双方の協議による協議離婚が大半を占めているのが実情です。しかし、実際には慰謝料や養育費、財産分与などについてしっかりとした協議や法的な手続きをしないまま、先に離婚を済ませてしまう事例も少なくないといわれています。そのため、後になって養育費の支払いが滞ったり、子供の面会の権利について揉めるなどといった事例も少なくないといわれています。離婚後の様々なトラブルを避けるためには、事前に弁護士などの法律の専門家に相談をしたうえで、きちんとした法手続きを踏んでから離婚をするのがもっともよいといわれています。

弁護士への相談

弁護士への相談というと敷居が高いと考える人もいるかもしれませんが、自治体などが実施する弁護士相談サービスを利用すれば、初回の相談は無料で対応してもらうことができます。早い段階で相談すれば、それだけ今後の手続きについての選択肢も増えることとなり、自分にとっても有利な結果となる可能性が高まることとなります。特に子供がいる場合は、養育費の確保というのは自分だけでなく子供の今後の将来を大きく左右するものとなる可能性が高いといえます。離婚問題は個人的な問題であるため周囲に相談しにくいのが実情ですが、法律的な問題については自分ひとりだけでは解決するのは困難といえます。そのため、離婚問題で悩んでいるのであれば、自分ひとりだけで悩まずに、まずは一度法律の専門家である弁護士に相談だけでもしてみることをお勧めします。