会社を支える事務仕事|はじめての請求手続きは弁護士と一緒にやりましょう

はじめての請求手続きは弁護士と一緒にやりましょう

女の人

会社を支える事務仕事

女の人

仕事内容

会社における経理業務の仕事は多岐に渡ります。中でも、主な仕事は取引先への支払いや、お得意先からの入金処理になります。毎月、入金と支払いによって会社の利益が算出されるので、ミスのないように行わなければなりません。また月初めに、いくら入金があって、いくら支払いがあるのか、ということを簡易的にまとめた資金繰り表などを作成することで、会社のお金の流れを把握することが出来ます。この資金繰り表作りも、大切な仕事の一つなのです。このように、経理業務は会社のお金の流れや現在状況を管理する、言わば会社を支える縁の下の力もちのような仕事です。数字を扱うため、簿記や電卓などの資格を持っている人が優遇して採用されることが多く、人気の事務仕事として注目を集めています。

適切な仕事のために

しかし、経理業務は会社の大切な数字を扱うという性質上、ミスにシビアな仕事です。最近ではミスを減らすために、ダブルチェックを欠かさないようにしたり、全てをシステム化して自動計算ツールなどを使って業務をしたりなどの工夫をすることが求められています。その他にも、受取手形や支払手形の振り出しや受け取り、入金、小切手の管理、現預金の残高管理なども仕事のうちに含まれます。そのため、銀行との連携をとても大切とする仕事であるとも言えます。借入金などがある場合は、口座残高に注意しておくことなど細かな配慮が大切となります。また、現在では経理業務を外部委託に任せる企業も増えています。外部委託を行なうことで、経理業務を省くことができ人材を確保しやすくなるのです。それにより仕事の効率化をアップさせることができます。