はじめての請求手続きは弁護士と一緒にやりましょう

メンズ

不当利息返還の手続き

弁護士バッジ

個人でも請求はできるが

利息制限法で定められて上限金利をはるかに超えた金利で支払った利息は、違法な利息であり取り戻すことができます。それを過払い金返還請求手続きといいます。この手続きですが、弁護士に依頼しなければ取り戻せないと考えている人も多いようですが、個人でも請求手続きはできるのです。しかし、個人の場合であると業者側も強気に出て、請求に応じない、取り戻せたとしても満額回収ができないというところもあります。また、訴訟へと移行すれば裁判所に出廷をしなければならなくなります。そうなると、個人での手続きには限界がありますが、弁護士に依頼することで、過払い金に関する手続きを代行してもらうことができます。実績あるところに依頼するのがポイントです。

完済をしてから依頼が有利

本来は過払い金請求は、完済をしてから請求手続きを行うのですが、現在まだ返済の途中であっても過払い金請求手続きをすることはできます。しかし、請求するのなら圧倒的に完済してから弁護士に依頼するほうがメリットが多いのです。その理由は、事故がつかないことです。残高があるなら信用情報に契約見直しが登録されてしまいます。つまりブラック扱いとなり今後の借入れが難しくなります。完済していれば、既に終了した債権なので信用情報に悪い情報が登録されることはないです。また、着手金0円で弁護士に手続き依頼ができます。着手金0円は別に特別なことではありませんが、成功報酬手数料がかかります。それも取り戻した利息から支払えるので、実質無料で手続きができます。

会社を支える事務仕事

女の人

経理という職種は、会社を支える縁の下の力もちのような仕事内容です。入金、支払い処理、手形の管理、残高管理など仕事内容は多岐に渡り、数字を扱うためシビアな業務ではありますが、それゆえやりがいがあり人気を集めている職種と言えます。

Read More...

夫婦関係を解消するなら

ハート

離婚にあたっては、養育費の確保や財産分与といった金銭的な問題がついて回ることとなります。十分な協議や法的手続きをせずに離婚してしまうと、後々トラブルが発生する可能性も出てくることとなります。そのため、離婚問題で悩んでいるのであれば、まずは一度法律の専門家である弁護士に相談してみることをお勧めします。

Read More...

払い過ぎた分を取り返す

女の人

客からの過払い金請求に応じてお金を返還することは、消費者金融の経営を大きく圧迫します。そのため、現在京都市内で営業している消費者金融の多くが、訴訟を提起しない限り対応しないというスタンスをとっています。とはいえ、素人が自分1人で訴訟手続きをとるのは難しいので、多くの人が司法書士を利用しています。

Read More...